株価が安いものを低位株などと呼び、投資の初心者にはオススメだとされています。そこにはどんな理由があるのでしょうか?

  • ホーム
  • 低位株を購入して利益はでるのか?

低位株を購入して利益はでるのか?

硬貨

低位株は株価が安いので少ない資金から購入ができ、株式初心者の方にも始めやすいといえるでしょう。
しかし、株価の安い低位株は利益が出るのかと疑問を持つ方もいるかもしれません。
ですが、株価が低いので同じ資金量でも株式を多く取得でき、同じ値上がり幅ならリターンも大きくなるのが低位株の特徴です。

業績の悪い企業でも、少しでも良いニュースがあれば株価は上昇します。
成熟している分野に属している大企業の低位株でも、新製品の開発や特許を取得したりすると株価は大きく動くこともあるでしょう。
また、一定の期間で上下を繰り返している銘柄もあります。
ですので、購入前に情報を集めて企業を厳選して良い銘柄を購入できれば、低位株でも充分に利益は狙っていけるでしょう。

実際に、低位株はその株価の安さから、トレーダーに好まれて活発に取引されています。
それは、少ない資金でも多くの株式を取得でき、このため同じ値上がり幅なら株価の高い銘柄よりも大きなリターンを上げることができるからです。
例を挙げると1円抜きというトレード手法を用いて取引をしている方がいます。
1円抜きでは、低位株が下値に来たなというときに買い注文を入れて、1円値上がりをしたら素早く売り注文を出して利益を確定します。

また、低位株は証券会社やファンドが参入してこないので金融のプロと直接戦わずに済むという面を持っているのも特徴です。
これは、低位株は値動きが少なく取引量が少ないため、多額の資金を運用できないからです。
このためトレーダーが好んで取引しているという側面もあります。
ですが、低位株にはリスクも潜んでいるので、購入する前には注意しておきたいポイントもあります。
低位株には下値リスクがあり、下値と見極めて購入したつもりがさらに値下がりを続けるといったことが起こる可能性も否定できません。
くわえて、株式の上場が廃止されるリスクもあります。
株式を購入している企業が上場を廃止してしまえば、保有している株は価値を失います。

低位株は価格変動で利益が出る

低位株の魅力は、大きなリターンを得る可能性があるというところです。
100万円分の株式を保有している状況で1円上がりをしたときのことを考えた場合、1株1000円の株式なら1000円の利益にしかなりません。
ところが、1株100円の株式なら1万円の利益になります。
また、株価1000円の銘柄を1万株買おうとすると1千万円資金が必要です。
ところが、100円の株なら1万株を100万円で購入できます。

つまり、同じように価格が動いたとしても1000円の株式なら価格変動率は0.1%、100円の株式なら価格変動率は1%になります。
さらに、低位株の方が株式を多く取得できるので、同じ価格変動率なら低位株の方がリターンは大きくなります。
同額の資金でも低位株を取得すれば大きく儲けることも不可能ではありません。
これ以外にも低位株は有利な点を持っています。
株式には1日の価格上昇幅には値幅制限が設けられています。
値幅制限は100円以上200円未満の株式は50円、1000円以上2000円未満の株式は300円です。
100円の低位株は半分の値幅までは上昇可能ですが、1000円の株式は3割までしか上昇できません。

ですが、低位株には前述したようにリスクが存在しています。
購入した価格よりもさらに価格が下落する下値リスクや上場が廃止されたときのことも考慮しておく必要があります。
リスク回避のポイントは、1銘柄を厳選してまとめ買いをするのではなく、数社の低位株をまとめ買いすることです。

数社に資金を分散することでリスクの回避が可能です。
取得した株式が上場廃止された場合でも、他の株式が値上がりしていれば損失を相殺できます。
数社の株式に値動きがなかった場合でも、1社が値上がりしていれば充分に利益を出すことができます。

関連記事