株価が安いものを低位株などと呼び、投資の初心者にはオススメだとされています。そこにはどんな理由があるのでしょうか?

記事一覧

株はニュース等で取り上げられることも多く、身近な経済指標の1つとして認識されています。 最近において...

株式投資初心者が注目する株に割安株や低位株というものがあります。 割安株と低位株というのは一見似てい...

低位株の中にはテンバガーと呼ばれる、10倍にも値上がりするような銘柄が眠っていることもあります。 テ...

株式投資であえて低位株に注目し、1円抜きという投資方法にて取り組む人がおられます。 1円抜きは低位株...

低位株には企業規模に応じて2種類の株価の動き方が期待できます。 株価だけに注目するのではなく、どちら...

まず初めに低位株とは何かと言いますと、分かりやすく一言で表現すれば、「値段が安い株」です。 2円~5...

低位株の一般的な定義は定かではないですが、まず株価が低い水準にある状態の株であり、一日の株価の変動率...

ごく短い期間で大きな儲けを得ようとしたら、低位株がまず思い浮かびます。 元々の単元株価格が高いと、値...

話し合っている人たち

株式は企業価値に応じて日々変化します。 業績が右肩上がりであったり、堅実な経営を行っている企業は高い...

スーツ姿の男性

株式投資においては低位株、超低位株と呼ばれる銘柄があります。 低位株と超低位株には明確なルールはなく...